FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郷土料理「かぶら寿司」

かぶら寿司(かぶらずし)』は、石川県発祥の郷土料理で「加賀料理」の一つとして数えられています。

今でもお正月には欠かせない一品です。

かぶら寿司b

かぶら寿司の起源は、藩政後期に「宮の腰(現・金石)の漁師が豊漁と安全を祈って 正月の儀式(起舟)のご馳走として出してお互いに味を競った」とか 「前田の殿様が深谷温泉へ湯治に来られた時の料理の一つとして出された」 などの言い伝えが残っていますが、さだかではありません。

記録としては、『金沢市史』(風俗編)に宝暦7年(1757)の頃の年賀の客を饗応する料理として 「なまこ、このわた、かぶら鮓(かぶら寿司)」とあります。

また加賀藩の儒学者として知られる金子有斐(ありあきら=鶴村)が書き残した「鶴村日記」の 文政9年(1826)1月3日に 「晴天、魚屋小兵衛方より鰤のすし(注・かぶら寿し)来る風味よろし」 1月5日に 「雨天、鶴来町屋よりにしんのすし(注・大根寿し)来る」との記述があります。

当時は魚屋が漬け込み正月用の珍味としてお得意様へ贈っていたようですが、かぶら寿しは高い身分の人が食し、一般の人たちは大根寿しを食べていたと考えられています。

地方や地域によって、「ぶり」以外に、「さば」等を挟み込むようです。

能登地区は「さば」が多いようですが、金沢はやはり「ぶり」が多いようです。

これからの時期「寒ぶり」は脂ものり美味しい季節になります。

金沢の冬の味覚『かぶら寿司』を、一度食べてみて下さい。

かぶら寿司a

ちょこっと!クリックお願いします。⇒人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 加賀・能登 美味くらぶ かまちゃんのひとりごと All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。