FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『可能性』

10月10日(土曜日)台風が去り、子供の運動会が行われる予定でした。

しかし、運動会は延期。

予備日の11日(日曜日)に行われました。晴れのち曇り

開会式には、雲一つ無い青空だったのが、途中から薄暗い雲に覆われ、一時は小雨もふりましたが、何とか無事終わりました。笑


家の子供が通う幼稚園は、2年ほど前に教育方針を変えました。

最近、テレビ番組「エチカの鏡」等でも取り上げられている、プロゴルファー「横峯さくら」さんの叔父さんで、「横峯吉文」さんが考案された、保育園等の幼児教育「yokomine式」を取り入れたそうです。

「Yokomine式」最大の目的は、人間の才能である「心の力・学ぶ力・体の力」を付けさせ、子供たちが生まれ持っている『可能性』を、最大限に引き出すための教育です。


私の考えが含まれた解釈ですが、“心の力”は、生きていく上で必要とされ、多岐にわたる深いものだと思います。
“心の力”は“生きる力”でもあり、“自立心”でもあると思います。

単純に、正義感や道徳観をだけでない“心の強さ”が含まれると思います。(簡単に他人に促されない強さ等・・・。)
“心”を鍛え、“心の強さ”“心の力”を身に付けるという事は、必然的に“優しさ”にもつながるのではないかと思います。

“自分”を持つ。“自分”を磨く、鍛える。と言う事にもなりますかね?
“自分”は“自分”であることは大切な事ではないでしょうか?
決して“他人”にはなれないのですから・・・。

もちろん、その上で、“学ぶ力”が必要だと思います。

人の話を聞いて理解し、考えて、洞察・分析できるようにする。

大切な事だと思います。
“体の力”は体力につながり、“健康”に結びつくのではないでしょうか?また、これらは、子供だけでなく、私達大人にも共通する事ではないでしょうか?

社会人として、仕事をしていく中で身に付ける必要性のある内容ではないでしょうか?

「あたりまえの事」を「あたりまえ」にする。(行う。行動する。)
至極「あたりまえ」なんだけど難しい。と、私は思います。


「yokomine式」は、幼児教育の方式でもあり、同時に、私達『親』を育てる、教育する方式なんだなぁ~と私は感じました。

もちろん、受け取る側にも、実行する側にも個人差はあるとおもいます。私自身、「yokomine式」が100%である。とは思っていません。
しかし、子育てに関する「ヒント」があると思います。

実際に、「yokomine式」を取り入れた教育方針の中で育つ園児や我が子を目の当たりにして、“日に日に” “いきいきと”成長する姿がとても眩しく、たくさんの『可能性』を見せ付けられます。

もちろん、保育園に比べ幼稚園では教育を受ける時間も短く、取り入れてからの年数も短いので、テレビで見るような状態ではありません。
それでも、子供達が“自分から学ぶ”と言う姿勢には、協力する必要があると思います。

人間は、一人一人違います。

もちろん、自分も、子供も違います。

ですから、同じ方式を取り入れた結果が同じとは限りません。

それが、人間であり、個性だと思います。


私の子供は、みんなと同じように側転が出来ないと言います。
子供には、「練習すれば出来るようになるよ」といいました。
(私は、体育系は苦手でした。今でも苦手ですけど・・・汗

『可能性』ですから『可能性』で終わる事も人生の中ではたくさんあると思います。

それでも、今は、子供の“今しかない”『可能性』を大切にしてあげられたらいいなぁ~と思っています。ファイト


ちょこっと!クリックお願いします。⇒人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 加賀・能登 美味くらぶ かまちゃんのひとりごと All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。