スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もみいか

丸干しいかは『もみいか』とも呼ばれ、ワタ(内蔵)に独特の旨みがあり、能登半島の珍味として知られています。

ワタ(内臓)のあるものは「中有り」とも呼ばれています。

丸干いか(箸)a

北陸地方で”いか”は、半生または生干しのいわゆる「一夜干し」に加工することが多いのですが、中でも、開き干し加工や生鮮出荷の出来ないような小型の”いか”は、「丸干し」に加工されます。

丸干しいか(袋)a

お酒のおつまみに最適ですが、白いご飯にも良く合います。

ワタ(内蔵)の苦手な方の為に、内臓を抜いた「中無し」もあります。

一度食べてみてください!

ちょこっと!クリックお願いします⇒ 人気ブログランキングへ

ちょこ ちょこっと!クリックお願いします⇒ FC2ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 加賀・能登 美味くらぶ かまちゃんのひとりごと All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。