スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何で穴?

『氷室の日』になると、あぁ、もう夏なんだなぁ~と実感します。

金沢では毎年“7月1日”は『氷室の日』と呼ばれ、
「饅頭(まんじゅう)」と「竹輪(ちくわ)」が食卓へ上ります。

氷室1

『氷室の日』とは、藩政時代に、加賀藩主が徳川将軍家に献上するため、天然の氷雪を氷室(ひむろ)とよばれる小屋に貯蔵し、6月の末に江戸に届けていたことが由来のようです。


子供に「竹輪は、何で、穴開いてるの?」と素朴な疑問を
あらためて質問されると・・・???

氷室3

「『竹』につけて焼くし、『輪』が出来るからやろ?」と、
意味不明な答えに・・・

『竹輪(ちくわ)』を食べる理由は、昔、「中風(=脳卒中)が出ないように」と言ってこうした食材を食べたことによるものだそうです。


以前、 『店長日記』 でも書いた事がありますが、『氷室饅頭』は、
一般的な杏(あんず)や枇杷(びわ)を食べる風習と同じように
“金沢の風習”になっています。

氷室2

今年も、実家の両親が届けてくれた『氷室饅頭』を
美味しく頂きました。


ちょこっと!クリックお願いします⇒ 人気ブログランキングへ

ちょこ ちょこっと!クリックお願いします⇒ FC2ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 加賀・能登 美味くらぶ かまちゃんのひとりごと All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。